マイナス金利にも負けない究極の分散投資術

マイナス金利にも負けない究極の分散投資術



モーニングスター(投資信託の格付け会社)の社長である朝倉さんの著書です。
分散投資、アセットアロケーションは、私が特に興味を持っている分野でもあり、興味深い内容でした。

いろいろな数字をもとに、著者の見解が肉付けされており、説得力があります。
・過去のデータから、米国が利上げすると、日経平均株価が下がる。
・異次元の量的緩和の結果、GDPに対する、日銀の資産規模が73%まで膨らんでおり(2015年9月時点)、この資産をどう売却していくのかの出口戦略が不明。
・2015年度予算時点の日本の歳出総額は、96.3兆円。うち、国債費や地方交付税を除いた、一般歳出が57.4兆円。その中で社会保障費に31.5兆円かかっている(一般歳出の約55%)。国の借金(国債発行)を増やしながら、社会保障費を補っている状況であり、今後の社会保障(年金、健康保険)は削らざるを得ない状況。
・NISAや確定拠出年金の導入は、「老後資金を自分で用意するように」という国からのメッセージ。

・グローバル化が進むことで、国内株式と、他の資産との相関関係が変化してきている。先進国株式、先進国債券、新興国株式、新興国債券の全てが、国内株式と「相関が高い」状態となっている。
・2020年までの成長率は、先進国では英国と米国、新興国ではインドと中国が上位。(ただ英国については、EU離脱が決まる前の記載であるため、今後は不明です)
・過去のデータから、ゴールドとドル/円レートが連動している。(円高だと金価格が上昇)


特に面白かったのは、「これからの時代に合ったポートフォリオ(資産構成割合)」の提案です。

上記の見解から、以下の配分でのポートフォリオを提案しています。
・成長資産(株式):70%
・インカム資産(債権):20%
・インフレヘッジ資産(ゴールド):10%
加えて、株式、債券ともに、国内よりも海外の資産割合を増やすべきといった主張でした。

先日、自身の資産状況をチェックした後、「円高への対応をどうしようか」と検討していたところだったので、この著書は非常に参考になりました。
posted by るしん at 2016/06/27 00:21 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


投資とお金について最後に伝えたかったこと

こんな本を読んでみました。

投資とお金について最後に伝えたかったこと




Amazonの評価、1人しか評価してないですが、低いですねぇ。。
個人的には、シンプルにまとまっていて、良い本だと感じました。
ただ読者対象はアメリカ人を前提としているため、一部、読み替えて理解する必要があります。

脳腫瘍で余命いくばくもない辣腕投資銀行家が、死ぬ前に、個人投資家にどうしても伝えたかった「投資」に関する知恵がまとまっています。
最初、自費出版で出された本だったようですが、各方面での人気を受け、大手出版社から再出版されたという経緯があるようです。

投資に成功するためのポイントは、「以下5点について正しく決定すること」としています。

1.投資判断を自力で下すか?専門家の助けを求めるべきか?
2.資産を、株式・債券・MMF(現金同等)など、何に配分すべきか?
3.どの資産を、どの割合で、投資すべきか?
4.アクティブ投資か?パッシブ投資か?
5.資産をいつ売却すべきか?またいつ買い増しすべきか?

本書では、上記5点について、著者の考えが解説されています。
2〜5については、私自身の考え方に近く、特に違和感なく納得しながら読み進められました。
1については、「ふーん、そんなもんかぁ」という感じです。日本とアメリカの違いもあるのかもしれません。
posted by るしん at 2012/03/05 01:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


しぶとい分散投資術

しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!




前回の本の“口直し”ということもあり、ちょっとまともな本を読みたいなと思って、手に取った本です。

この著者の本を読むのは初めてだったのですが、結果、期待以上に良い本でした。

金融危機の中にあっても、過去のデータの分析に基づいた上で、分散投資に意義があることを解説しています。

アセットアロケーションの基本(資産配分の比率、リスク/リターンの算出方法、リバランス、ドルコスト平均法)も、分かり易く丁寧に説明してくれています。

その他にも、コア・サテライト戦略、モダンポートフォリオ理論、ETFとインデックス投信のメリット/デメリットの比較、1日の株価の流れ、高金利通貨の下落の理由と外貨への投資方法、J-REITへの投資方法、倒産の危機にある企業の見分け方、・・・と非常に幅広い内容が書かれています。

「幅広くした分、内容が浅くなってしまうのでは?」といった懸念を持つ方もいらっしゃると思いますが、私のような素人(とはいっても、投資歴はすでに10年経ちましたね^^;)にとっては、充分にためになる内容でした。

投資の入門者から、ある程度経験を積んだ投資家の方にまで、お勧めできる良い本です。

同じ著者の方の本である「月光!マネー学」という本も、読んでみたくなりました。
posted by るしん at 2009/03/08 23:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


内藤忍の資産設計塾

夏休みを利用して、一冊読み終えました。

【新版】内藤忍の資産設計塾─あなたとお金を結び人生の目標をかなえる法




著者は内藤忍さんで、マネックスの関連会社の代表取締役を務めている方です。
かなり前に紹介した本と同じ著者でもあり、内容自体も、大枠はほぼ同じモノです。

ただ、『アセットアロケーション』について知りたいと思っている方は、ぜひ内藤さんの著書を1冊読んでみることをオススメします。
#私の資産運用法にも、一部、内藤さんの考え方を取り入れています^^

今回読んだのは、3年前のベストセラーの新版ということで、用いているデータが新しくなっていたり、新しい金融商品の説明が増えていたりします。
また、投資家のメンタル面に関する記述も追加されています。

以下、要点のまとめです。

■心構え、理論、商品知識を学び、戦略的な長期分散投資をすることで、資産を守りつつ着実に成長させることができる。

■投資リターンの80%は、アセットアロケーション(資産配分)で決まる。本書では、リスク・リターンから考えた具体的な資産配分を提案している。

■人生の夢・目標に必要なお金を数値化し、目標額と達成時期を明確にすることでモチベーションが高まる。結果、目標設定を行なうことで投資の成果は高められる。
posted by るしん at 2008/08/19 00:01 | 東京 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法

そんなタイトルの本を読んでみました。

「長期」「分散」「最適」で考える世界一シンプルな投資法




本の外観は上品な感じで、表紙には青空と草花の写真が載っており、一見投資の本には見えません^^;
内容は、3部構成になっていて、
1.アメリカの投資教育を元にした資産形成方法の紹介
2.ウォールストリートでの体験談
3.ケーススタディ
といった流れです。
3部構成とはいえ、全ページのほとんどが1章に割かれています。(3章は理解の助けとして参考になりますが、2章はほんとにオマケといった感じですね。。)

基本的には、アセットアロケーションの重要性を説く本です。
自分の目標値に合わせて、国内外の株式や債券に、資産を配分しましょうという内容です。

どういった銘柄を選ぶと良いとか、そんな話は書かれていません。
『退職までにどれだけの金額が必要かを計算し、最低限のリスクは取りつつも、その目標値に到達するために分散投資を行うべき』ということが淡々と書かれた、非常にシンプルな内容の本でした。

真っ当な内容で、とてもためになる本ではありますが、今までに似たような本を読んできた自分にとっては、目新しい発見はありませんでした。
また1章では、アメリカの保障制度などを元にした記載もあり、ちょっとイメージが付きづらい箇所もあります。
とはいえ、こういった本を読んだことがない人には、最初の一歩としてオススメできる本です。
posted by るしん at 2006/01/05 08:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする