プロ相場師の思考術

プロ相場師の思考術 (PHP新書)




高田智也さんの本は以前にも読んだことがあるが、相変わらずサバサバした感じの文章で、良いテンポで読むことができた。
文字通り、著者自身が「相場で生計を立てている人」であり、プロの相場師と呼ばれる存在である。
ところどころ毒舌が散りばめられ、また著者の自信に満ちた語り口で文章が書かれているので、そこが気に入らない方もいるかもしれないが。。

著者はシステムトレードの旗手とも言われるが、本書は主に、心構えや相場との接し方に絞った内容となっており、具体的な手法には触れられていない。具体的なシステムトレードについて知りたい方は、著者の前作や、他の本を読むことをお薦めする。

「毎月の生活費を稼ぐ」目的を果たすために、著者は『投資』ではなく、『投機』をしているという。また、ファンダメンタルズ派ではなく、テクニカル派であり、サラリーマンをしながらの長期投資を主体とする私には、具体的に参考にできる点は多くはなかったが、それでも「こんな捉え方もあるんだな」と考えさせられる箇所がいくつもあった。

「着物を着て、ウォークマンを聴きながら、夜の六本木の街を闊歩している」著者ではあるが、相場に関しては、プロフェッショナルとして突き詰めた姿勢で臨んでおり、妙に感心させられた。
posted by るしん at 2007/08/27 00:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株(デイトレ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億

貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!




こんな本を読んでみました。
「賢明な投資家」を目指したい私としては、ここ最近、この種の本を買うのは珍しいです。
というのも、主な手法がスウィングトレードで、完全に投機の本だからです。
これは、著者自身も本書の中で、「ぼくのやっているのは投資でなく投機」「投機とは、会社に対する人々の期待や不安を買うこと」と言っています。

それなのに読んでみようと思ったのは、単純に「ストーリーが面白そうだったから」です。
貧乏な家庭で育った青年が、2億円を稼ぎ出すまでの日常が、非常に自然に書かれています。

「投機」と割り切って、若さがあって、一旦0になってしまっても良い・・・そんな人なら試す価値ありの手法かもしれません。(私は臆病者なので、遠慮します^^;)
一発逆転はあり得ます。
ただ「投機」で勝てるのはほんの一握りの人でしょうし、また、いつまでも「投機」で勝ち続けることも難しいとは思います。
posted by るしん at 2006/02/28 02:27 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 株(デイトレ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


飯島愛さんがデイトレ?

乙部さんのブログで知ったんですが、あの飯島愛さんがデイトレをやるみたい。で、日々の状況を、こちらのブログで紹介するみたい。
飯島愛さんって、デイトレする時間あるのかなぁ??
posted by るしん at 2005/09/10 14:16 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(1) | 株(デイトレ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ネット投資 3年で成功している私の連勝法

才能があるなら、株のデイトレも一つの運用方法として使って良いと思います。

↓の2冊がけっこうためになって、面白かったですね。

ネット投資 3年で成功している私の連勝法 (アスカビジネス)




株のデイトレ革命で給料以上儲ける!―超簡単・迷える子羊式 (扶桑社MOOK)




ちなみに私は・・・。
デイトレも何度か試してみましたが、プラスになる日もあればマイナスになる日もあり、平均するとややプラスというくらい。スリルの割に、リターンが少なかったので、自分には向いてないと思ってます^^;

ただデイトレには、次のようなメリットがあります。
・日々のトレードでプラスにしていくことができれば、資金は倍々計算で増えていくので、資金を非常に効率良く回転することができる。
・日をまたいで保持しないことで、企業に突然降りかかる予測不能な災害(天災、人災など)に影響を受けなくて済む。(そういう意味では、リスクを最小限に抑えられる。)
posted by るしん at 2005/01/13 01:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株(デイトレ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする