本を割引で買う

このブログでも、いろいろな本を紹介していますが、これらの本は「文教堂」で購入することが多いです。
これは、私が「文教堂」の株主だからです。といっても、別に文教堂の売上に貢献するためではないです^^
文教堂だと、株主優待を使えば、本を5%引で買うことができるのです。しかも、1年間ずっと。
まあ5%だけなので、大した金額ではないのですが、それでも嬉しい特典ですよね。
posted by るしん at 2005/05/23 02:59 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


株主優待銘柄への投資

こちらの記事で、私が株主優待銘柄への投資を行っていると書きましたが、株主優待銘柄には、他にもメリットがあります。

それは・・・ずばり「利回り」です。

株主優待で、食事券や入園券を送ってくれる企業があります。こういった金券は、金券ショップで売ることができます。それがそのまま配当収入に上乗せされるわけです。

もちろん、金券ショップが扱わない株主優待もあるし、買取額は予想以上に安いです。(金券ショップ屋さんも商売なので、仕方ないんだろうけど。)でも、紙くずとして捨ててしまうくらいなら、少しでも利益になったほうが良いですよね。
また、地域によっても、扱う金券の種類や、金券の買取額が変わります。

近くに金券ショップがない方は、インターネット上のオークションや質屋さんを利用するという手もあります。

Click Here!

posted by るしん at 2005/01/30 05:29 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


株式配当で“自分で年金”をつくる法

私は株をやってるんですが、基本的には、株主優待付きの株を保有しています。
今日は、2778パレモを購入しました。本日いきなり株価が跳ねたため、予定よりちょい高めで買わされてしまった。。

株式配当で“自分で年金”をつくる法―運用先に困っている資産家のための




株では主に、こちらの本で紹介されていたカレンダー投資法をやっています。カレンダー投資法というのは、決算期の異なる株を組み合わせることで、毎月何らかの優待を受け取ろうというものです。(ちなみに、3月9月に優待を出す銘柄が多いです。)
この投資法は、他にもメリットがあります。というのも、株主優待付きの株は、権利落ち日に株価ががくっと下がることが多いため、権利日の異なる銘柄を持つことは、リスクを分散することにもなります。
またコツとして、業種の異なる銘柄を持つようにした方が良いです。私は以前、吉野家、松屋、ゼンショー(←すき屋の会社)の株を持っていて、例の狂牛病のときにがく然としたことがあります^^;
posted by るしん at 2005/01/05 22:20 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする