会計天国

久々に会計の本を読んでみました。

会計天国




「今度こそ最後まで読める、会社で使える会計ノウハウ」という副題だったので、物語を読んでいくうちに、財務諸表(PL、BS、CF)の理解が深まるかなと思いながら読んでみました。

物語は、次のような設定です。
「交通事故で天国に召されることなった敏腕コンサルタント北條は、現世に戻るために、黒字倒産や粉飾決算といった経営に悩む人々の抱える問題をコンサルし、幸せにしなければならない。」

物語自体は面白く読めたのですが、財務諸表のところは、急に専門用語が出てくるので、この本だけでは理解は難しいだろうなと感じました。

なので、決算に関する知識を得たい方は、まず他の本で学習することをオススメします。

ただ、現役の社長さんや、これから独立して起業しようという方には参考になる点が多いと思います。経営者が知らず知らずに陥りやすい経営上の失敗やリスクを、5人の経営者をサンプルにしてストーリーで解説してくれています。
タグ:会計
posted by るしん at 2009/11/07 23:57 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 決算書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


2時間ですべてがわかる決算書

また、息抜きに買ってしまった本です。

2時間ですべてがわかる決算書―簡単!読みこなし編 (マンガ経済の黒帯シリーズ)




しかしマンガとは言え、内容はなかなか本格的。
損益計算書、貸借対照表の読み方から、ROA、ROEといった指標の解説まで。全て、ストーリー仕立てのマンガで、分かり易く説明されています。
また、トヨタ、三菱などの自動車会社や、シャープ、ソニーの電機メーカーなどを具体例として挙げており、ROA、ROEの理解をさらに深めてくれます。

このシリーズは、他に以下の2タイトルが出ていますし、なかなか人気シリーズみたいですね。

2時間ですべてがわかる決算書 5つの利益編 (マンガ経済の黒帯シリーズ)



2時間ですべてがわかる決算書 貸借対照表編 (マンガ経済の黒帯シリーズ)



posted by るしん at 2006/03/06 23:00 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | 決算書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学

久しぶりに本の紹介です。会計の本ということですが、タイトルからは想像も付きません。
ベストセラーになっている本らしいので、見たこと&聞いたことがあるという方も多いのでは?

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)



けっこう楽しく読めました。
「さおだけ屋さんがなぜ潰れないのか?」
確かに不思議ですよね?
どんなお店や会社でも、続けていくためには利益を上げる必要があります。
で、利益を上げるには、「売上を伸ばす」「仕入れを抑える」のどちらかの方法しかありません。
では、さおだけ屋はどうやって生き永らえているのか・・・といった感じで話が続いていきます。
他に、「在庫だらけの自然食品店」「トップを逃して満足するギャンブラー」と、興味深いエピソードがいくつか紹介されています。
一読の価値はあるかなと思います。ただ、会計を本気で勉強したい人には物足りないかも。
posted by るしん at 2005/07/13 02:43 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(2) | 決算書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編

株をやるにあたって、「企業をマジメに分析して、良い会社を見付けたい」という人は、こちらの本が役に立ちます。

あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編




本中にもありますが、本当に初心者向けに書かれています。
今まで決算書なんて見たことがなかった私も、この1冊を読んだだけで、とりあえず見るべき箇所を知ることができました。
傍線や吹き出しがうまく使われており、ポイントが非常に分かり易い本です。
posted by るしん at 2005/01/19 01:22 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする