朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ

リスクのない起業として注目されている、情報起業に関する本。

朝起きるたびに、どんどんお金持ちになっている 情報商人のすゝめ~1日2時間の労働で、毎月新車が買えるくらい稼ぐ方法~




この本は、以下の4つの章から構成されている。
1.情報販売ビジネスの魅力
2.代表的な情報商材である「本」を7日間で書き上げる方法
3.見込み客の獲得から情報商材の販売までのテクニック
4.3章で紹介したテクニックの具体例

「メルマガ」「ポップアップウィンドウ」「ダイレクトeメール」など、へぇ〜とちょっと感心させられるテクニックが紹介されている。

私も触発されて情報商材の販売をしてみたが、効果はさっぱりだった。。
つまり、情報起業は、取り上げるテーマ選びが肝ということだろう。(ちなみに本の中では、テーマ選びについても書かれている。)
売れるテーマと書きたいテーマが一致していれば、良い副業になるのではないだろうか。
posted by るしん at 2005/01/27 00:57 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法

「プチリタイヤ」という生き方を提案して、話題になった本。話の核となる部分が、なんと袋とじになっているという一風変わった本です。

何もしないで月50万円!幸せにプチリタイヤする方法




なるべく何もしないで、定期的な収入を手に入れるためのノウハウが書かれています。
「どうすればそんなことが可能なのか?」
簡単に言えば、インターネットを利用して、定期作業を自動的に実施していけば良いといったことが書いてあります。そういったビジネスモデルを考えればOKということですね。(これが難しいんですけど。)

本の中で面白かったのは、ヒモの友人とのやり取り。
「お前、このままずっとヒモを続けるのか?」
「いや、そんなわけにもいかないだろう」
「じゃあ、次にお前は何をやるんだ?」
「ああ。いずれは会社を作って、ビジネスでも始めようかと思っている」
「何を言っているんだ。お前はただのヒモじゃないか!ビジネスモデルはどうするんだよ!」
「バカか?お前。そんなものはビジネスモデルが考えられる女に考えさせればいいだろうが」
「そうは言っても、会社を作るには、資本金が必要じゃないか。お金はどうするんだよ!」
「おいおい。そんなの簡単だよ。お金なら、お金がある女に出させればいいじゃないか!」
「そんなこと言ったって、会社の経営っていうのは大変なんだぞ。お前に勤まるわけがないじゃないか!」
「本当に常識にとらわれているなあ、お前は。そんなの会社の経営ができる女に、自分の代わりにやらせればいいじゃないか!経営ができる人間を代わりに見つけてきたらいいだけじゃないか」
「おい!そうしたら、お前はいったい何をするんだよ。何もすることがないじゃないか!」
「何を言っているんだ?俺様が働くわけないじゃないか!俺の代わりに働きたいって女がゴマンといるんだぜ!」

・・・なるほど。そんな考え方もあるなぁと、ちょっぴり感心してしまいました。
posted by るしん at 2005/01/24 03:15 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ゴー・パブリック 起業公開物語

ゴー・パブリック 起業公開物語




成功者の告白 5年間の起業ノウハウを3時間で学べる物語




起業に興味があって、こんな本も読んでいます。
ただやはり、リスクも相当高いので、今のところは元手なしで空いた時間にできる「アフィリエイト」や「メルマガ」に力を入れています。

ところで、今まで読んできた本をいろいろと紹介するようになって、自分の本の選び方に傾向が見えてきました。
まず、取っ掛かりとして、マンガや小説を選ぶことが多いですね。その後、その分野に興味を持ったら、何らかのノウハウ本を買うといった流れのようです。
本を読むにしても、楽しみながら読める本じゃないと、読むのが苦痛ですしね。最初はハードルを低くしつつ、ゆっくりと勉強していきたいと思います。
posted by るしん at 2005/01/20 02:07 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | 起業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする