ふつうのサラリーマンがもっとハッピーになる不動産投資の授業

はじめの一歩を踏み出す一冊 ふつうのサラリーマンがもっとハッピーになる不動産投資の授業



「中古」の「アパート一棟」「マンション一棟」への投資を勧める不動産投資の本です。

ライフラリという不動産投資コンサル会社の代表が著者ということもあり、ところどころ、会社のアピールは入りますが、全体的に分かり易くリアリティもあって良い本だと思いました。

実際に物件を購入したという2人のサラリーマンとの対話が、随所に入ります。1人はITベンチャー企業の役員で年収1千万円を超えるサラリーマン。もう1人は年収500万円ほどの普通のサラリーマンです。

1時間目(第1章のこと)は、「何もしないリスク」の授業です。
「30歳の人が80歳まで生きるとして、ざっと3億円くらいかかります。60歳まで働くとして、30年間で3億円稼げますか?」といった内容から入ります。
私も、ライフプランを考えるのは大事だと思いますし、年金をあてにしない前提なら3億円というのも妥当な金額かなと思いました。
続いて、「資産=労働収入+資産収入−コスト」であるとし、「資産収入=運用額x運用率」と定義しています。不動産投資は、特に「運用額」が大きくなるため、資産収入が比例して大きくなる、だから効率が良いという内容でした。

2時間目は、物件を購入したうちの1人の方の実情を紹介することで、不動産投資のイメージをつかむ授業です。
・3000万円のアパート1棟を購入
・部屋数6室で、1室あたりの家賃は5〜6万円。利回り12%。家賃収入は入居率100%なら、年360万。
・実質の入居率は90%。360x0.9=年324万円の収入。
・金利2.4%、15年ローン。年間の返済額は240万円。
・年間の経費50万円
・結果、年間のキャッシュフローは34万円。
「これだけ見ると大したことないように見えるが、こういった物件を複数持つことで、掛け算でキャッシュフローを増やせる。」という説明でした。
こういった具体的な数字で説明されると、たしかにイメージしやすいですね。年間34万円ということは、月に2〜3万円のプラスということで、突拍子もない数字ではないなという印象でした。

3時間目は融資の授業。
不動産投資の世界では、以下4つの金融機関がメジャーだそうです。
・スルガ銀行
・静岡銀行
・オリックス銀行
・公庫

4時間目は、物件の選び方の授業。
中古アパートの利回りの目安は、以下の通り。
・都心 5%
・神奈川/千葉/埼玉 10%
・群馬/茨城/静岡 11%
利回りが良すぎる物件は、超築古物件だったり、何かしらの理由があるそうです。築30年くらいまでが許容範囲。

5時間目は、さらに物件を増やしていくための授業。
6、7時間目は、リスクへの向き合い方とかマインドに関する授業となっています。

不動産投資を考えている方にとっては、よくまとまっていて参考になる本だと思います。
posted by るしん at 2017/04/02 04:18 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


金の卵を産むニワトリを持ちなさい

金の卵を産むニワトリを持ちなさい



著者は、元銀行支店長の菅井敏之さんです。
「お金が貯まるのは、どっち!?」「家族のお金が増えるのは、どっち!?」に続く3冊目の著書になります。
タイトルからはちょっと想像が付きづらいですが、主に、不動産投資に関する内容になってます。

「金の卵を産むニワトリ」というのは、毎月毎月新しいお金を運んでくれる「仕組み」と定義していて、
・ビジネスや人的資産(給与もここに含まれる)
・収入付き不動産
・国債などの金融資産
の3種類があるとしています。

また、お金持ちになるには投資先の「順序」も大切としていて、
@資産形成の初期・・・貯金する。または自分に投資する。
A資産形成の中期・・・借金をして収入付き不動産を持つ。
B資産形成の後期・・・収入付き不動産を組み替えながら増やしていく。
C資産運用期  ・・・収入付き不動産の一部を売却し、金融資産を持つ。
という順序を勧めています。
この順序は、本によっては違う順序を勧めてたりするので、一つの意見かなと思います。
著者は、銀行支店長時代に、成功している人のほとんどが不動産経営をしていたことから、「まずは不動産投資に取り組むべき」と考えたとのことでした。


不動産投資の話だけでなく、融資に関する内容も充実している本です。
ここら辺は、さすが元銀行支店長といった感じで、とても分かりやすくまとめられていました。
・銀行が見るのは、「資質」「キャッシュフロー」「純資産」の3つ
・自己資金を3分の1用意すれば、残り3分の2は銀行が貸してくれる
・特にお勧めの銀行は「日本政策金融公庫」

posted by るしん at 2016/11/24 03:16 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう!

新税制対応 プライベートカンパニーを活用して、不動産投資をしよう! ~不動産と会計のプロが教える法人化による資産運用の教科書~



こんな本を読みました。

内容としては、著者の会社の紹介という印象が強いです。
が、1つの意見として参考になる面もありました。
プライベートカンパニーの設立に関しては、概要の紹介のみで、具体的な手順までは言及していません。
「不動産管理会社」ではなく、「不動産保有会社」のほうが、節税効果が大きいというのは面白いなと思いました。

不動産投資の本の中では、「一棟買い」を勧める側の分類になります。
先日読んだ「はじめて不動産でお金を稼ぐ。」に、近い見解の内容で、「アパートやマンション一棟に投資したほうが良い」、「利回りは数値にこだわらない」といった主張をしています。
加えて、「東京や神奈川など、首都圏の物件への投資」を勧めている点が特徴的です。
posted by るしん at 2016/05/06 04:15 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


はじめて不動産でお金を稼ぐ。

はじめて不動産でお金を稼ぐ。



久しぶりに、不動産投資関連の書籍を読みました。
不動産投資を始めようとしている若者と、不動産投資に詳しいロボットとの会話から、不動産投資のエッセンスをまとめたものになってます。
文章や色合いから、「読みやすい本だな」という印象でした。

これまで何冊か読んできて、色々な流派があるのですが、この本の主張は次のような感じです。
@ワンルーム投資より、アパートやマンション一棟に投資したほうが良い。
A利回りは数値にこだわらない。そのエリアの相場から見てお買い得なのかを見るべき。
B築年数にはこだわらない。その賃料が継続できるのかを見るべき。

@はリスク分散の観点から、分かる気がします。初期投資は大きくなりますが、空き室リスクを分散でき、経費も低く抑えやすいと言えるかなと。
Aはやっぱりある程度の数値はないと怖い気がします。
Bは、それは新しいほうが良いけど、利回りを考えると割り切るしかないのかなと思います。
posted by るしん at 2016/02/01 01:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


まずはアパート一棟、買いなさい!

まずはアパート一棟、買いなさい! 資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意




↑のような、ストレートなタイトルの本です。
amazon でも評価は高く、品切れの状態も発生してるみたいですね。

この本のサブタイトルには「資金300万円から家賃年収1000万円を生み出す極意」とありますが、まさにこのサブタイトルどおりの内容になっています。

今の金融市場を考慮した融資戦略で、キャッシュフローを着実に増やしていく方法が記載されています。

投資判断、融資の引き方、価格交渉、管理会社の選び方、リフォームのアイデア、空室対策などなど・・・といった、物件を買ってから、軌道に乗せるまでのノウハウがひと通り網羅してあるので、不動産投資の全体像が掴みやすいです。

「一気にフルローンで物件を購入すべき!」という本もありますが、この本の著者は対極で、「ゆっくりと資産を拡大したほうが、それに合わせて自分の経験値も上がるので、急激に資産を拡大してリスクに対応できないというリスクをヘッジできる」という見解のようですね。

一口に『不動産投資』と言っても、その手法・考え方は様々です。


個人的に、読み終えた後の感想は、「不動産投資って大変なんだなぁ」ということ。
やはり、楽して儲かる方法なんて、転がっているものではないですねぇ^^;
タグ:不動産投資
posted by るしん at 2010/05/01 01:28 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする