マネー・ボール

マネー・ボール 奇跡のチームをつくった男




だいぶ前に読んだ本なのですが、直接、投資に関わる本でもないかなと考え、ブログでは紹介してませんでした。

ただ、先日読んだこちらの本の中でも紹介されており、少なからず投資に通ずる部分もあるかなと思い直し、紹介したいと思います。
#あと、純粋に面白い本なので、ぜひ読んで欲しいなというのもあります^^


大リーグの万年最低年俸球団であるオークランド・アスレチックスが、いかにして低予算の中で常勝軍団へと成長していったかを分析した本です。
ビリー・ビーンというジェネラル・マネージャーの力によるところが大きいらしいのですが、長年の野球の歴史の中でまかり通っている「常識」というものを大きく覆す内容であるといえます。

まず「元野球選手」で固めたフロント・オフィスが多い中、ビリー・ビーンは、ハーバード卒のアシスタントGMやスカウトを据えて、何よりもデータを重視する球団経営を実行しています。

低予算ゆえの球団事情もあるのでしょうが、ビリー・ビーンは、次のような価値観のもと、選手を調達しています。(視点が独特ですね!)
・「打率」よりも「出塁率」を重視する。例えば、3割の打率で、その他はほとんど凡打や三振をする選手よりも、打率は2割5分だが、四球を選ぶ力で4割の出塁率を持つ選手の方が重要。
・ホームランを数多く放つスター選手よりも、選球眼を備えた無名選手を重宝する。


『経験とかフィーリングを頼りにするのではなく、何よりも数字やデータを重視し、成功につながる要素を論理的に考える』ということの重要性は、投資の世界においても同じことが言えるのではないでしょうか。


日本のプロ野球において、巨人のように、大金をはたいてスター選手を揃えているチームが必ずしも強いわけではないというのも、この本を読むと理由が分かったような気になります(笑)。
とはいえ、全てのチームがアスレチックスのようなチームになってしまうと、それはそれで野球がつまらなくなってしまうんでしょうね^^;


また本書は、単純に読み物として非常に面白いです。決して栄光に恵まれているとは言えない、そんな選手たちの挫折と再生の物語が描かれており、小説としても一級品です!
posted by るしん at 2007/09/15 01:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


投資銀行青春白書

投資銀行青春白書




表紙はなぜか萌え系の女の子が描かれており、購入する際、やや恥ずかしい思いもするのだが(^^;)、内容はしっかりしている。

すごい年収をもらっているイメージくらいしかない外資系の投資銀行。
その業務内容の一部を、この本を読むことでイメージすることができる。
著者自身が、元外資系投資銀行マンだけあって、かなり詳細な内部事情を垣間見ることができる点は貴重だと思う。

この本を読むと、「投資銀行」の中にも全く異なる業務が存在することが分かる。この本の主人公ミヤビは、「投資銀行部」で働く新人OLという設定だが、他にも「株式部」や「債券部」と言った部門があるらしい。

特に、投資銀行への就職を考えている人にとっては、読んで損は無い内容だと思う。

また、株式投資をしていると、よく耳にする『M&A』というものが、実際にどのように行われているのかを知ることもできる。
買収提案の資料作成や、投資銀行内部での部門同士の利益対立など、リアリティ溢れるエピソードも随所に盛り込まれている。

金融の知識がない人にとっても、小説タッチで書かれているので、スラスラと楽しみながら読めてしまうことだろう。
 
posted by るしん at 2007/09/12 23:17 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方

会社勤めでお金持ちになる人の考え方・投資のやり方―「投資」と「給料」で着実にお金を増やす方法 (アスカビジネス)




タイトルそのものズバリで、サラリーマンをターゲットとした本です。

『仕事』がメインの収入源であり、『投資』は補助的な位置付けと書いてあり、現実的とは思いますが夢がないですねぇ。

あとは、「複利の力を活用しましょう」といった記載もありますが、これもいろんな本で見かける謳い文句です。

投資の基本中の基本、当たり前のことが書かれた本なので、これまでに何冊か投資本を読んでいる人には、新鮮味がないかもしれません。


ただ、自分の勤め先の株主になるというのは、面白い発想かなと思います。
社員が知らないとこで、株主に対して、大風呂敷を広げている可能性もありますからね^^;

posted by るしん at 2007/07/28 00:24 | 東京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


はみ出し銀行マンの投資戦略

はみ出し銀行マンの投資戦略―初めて明かすオレ流資産運用術




前から気になっていたタイトルで、先日読んでみました。

横田濱夫さんの本は、これまでにも何冊か読んだことがあるのですが、今回の本も、ためになる内容でした。
文体もくだけた感じで、とても面白く、スラスラっと読めてしまいます。

いままで読んだ投資本の中でも、非常にわかりやすい投資本だと思います。
PERだとかPBRといった、投資指標の話はまったく出てこないのですが、投資に関する基本的な考え方・心構えみたいなものが、しっかりと書かれた本だなと感じました。

経験談(失敗談も含めて)がてんこ盛りで信憑性も高く、実際の著者の資産運用方法、またその商品を選んだ理由なんかも知ることができます。
また、今後どのように運用していく予定なのかまで書いてあります。

ちなみに著者は、リスクを極力小さくするために分散投資を理想の方法と言っています。
具体的には、日本の「株」「債券」「不動産」、アメリカの「株」「債券」「不動産」、ヨーロッパの「株」「債券」「不動産」、この9つをうまく配分して組み入れることが大切とのことでした。
posted by るしん at 2007/07/09 01:44 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


島田紳助はなぜ好きな事をして数十億円も稼ぐのか

今までとちょっと変わって、こんな本を読んでみました。

島田紳助はなぜ好きな事をして数十億円も稼ぐのか―蓄財術は島田紳助に学べ!




島田紳助さんは、TV番組での発言からも、相当のお金持ちという印象を受けてましたが、「実際どんなもんなんだろう」と興味をそそられ読んでみました。

すでに、TVへの出演料だけでも充分すぎるほど稼いでる(月収、4,000〜5,000万との噂)のでしょうが、他に飲食店をいくつか経営していたり、不動産や外貨にも手を出してるようで、そちらからの収入もモノスゴイようです。
家賃収入だけで、月5,000万円とかなんとか・・・^^;

本を読んだ感じ、島田紳助さんが、ここまで成功した大きな理由としては、「コミュニケーション能力の高さ」「分析・学習能力の高さ」が挙げられそうです。

自身の蓄財術に活かせるかどうかは分かりませんが、読み物としては面白い本でした。

タグ:島田紳助
posted by るしん at 2007/07/01 22:46 | 東京 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする