トラリピ

久しぶりにブックマークの整理をしました。
今回は、外貨/FX関連で追加したサイトをまとめてみます。

南アフリカランド研究所
海外経済に関する深い考察がまとめられてます。サイトの名前どおり、特に南アフリカに関する情報においては、他サイトを圧倒しています。
先日、南アフリカの政策金利が5%のまま据え置きという発表があり、南アフリカランドを保有している私にとっても一安心のニュースでした。
一方で、南アフリカの主要貿易相手であるヨーロッパの経済がまだまだ不調という点では、先行きの不安は依然残ったままですね。

為替王
チャート分析力に定評があり、ファンも多い為替王さんのサイトです。
毎日、その日の為替の傾向がアップされ、私も参考にさせて頂いています。
しかし、「投資マニュアル」の宣伝文句も多く、その点については個人的には敬遠してしまいます。。

マネースクウェア・ジャパン
私も利用しているFX会社の1つです。
トラリピ(トラップリピートイフダン)という独特の注文ができるのが特徴です。

・・・ここで軽く、トラリピの紹介を。
株価も同じですが、為替相場も大なり小なり、常に上下変動を繰り返してます。(下図参考)
chart.jpg

ここで、トラリピという注文方式では、「xx円で買って、yy円で売る」という指定ができます。
例えば、「USドル 1000ドル分を、90.0円で買って、90.5円で売る」といった感じです。この取引が成立すれば、500円の利益になります。
で、トラリピでは、取引成立後、自動的に同じ設定で再発注がされます。なので再び、自動的に「USドル 1000ドル分を、90.0円で買って、90.5円で売る」という注文が出されます。

マネースクウェア・ジャパンでは、この注文を細かく仕掛けて(ex. 90.0買−90.5売、90.5買−91.0売、91.0買−91.5売、・・・)、小額の利益をコツコツと積み上げる投資方法を推奨しています。
これによって、細かい上下動の相場の中でも、小額ながらコツコツと利益を確定していくことができるというわけです。
※私自身、まだ大した額ではありませんが、たしかに資産が増えてきています。
posted by るしん at 2013/02/11 23:36 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


初めてのFX、うまくいきました♪

年末に初めてチャレンジしたFX、豪ドルとNZドルを買い建てしてたんですが、本日決済を行い、無事に利益を上げることができました〜♪
また下がってくるまで、待機するとします^^

ちなみに、証券会社はE*トレードを使いました。
何より株式取引の手数料が安いってことで開設してたんですが、為替保証金取引(FX)口座も簡単に開設できて非常に便利ですv



posted by るしん at 2006/02/03 20:02 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


15万円からはじめる本気の海外投資完全マニュアル

久々に、海外投資系の本を読んでみました。

15万円からはじめる本気の海外投資完全マニュアル




実体験に基づいた内容が多く、かなり実践的な内容でした。
インターネットバンキングの画面操作のやり方まで記載されており、実際に口座を持っていない私にとっては、読んでも良く分からないな〜という点もありましたが^^;
また、著者自身、資産運用を始めたのが「3年ほど前から」ということで、ファンドの選び方などもまだまだ模索中といった感じを受けました。

ただ、一通り読み終えると、「香港の銀行に口座を開設してみたい」という気にさせてくれます。
日本株が高騰を続けてる中、「海外投資というアプローチも有効かなぁ」とも思いますし。
posted by るしん at 2005/12/25 05:29 | 東京 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法

外貨で月20万円稼ぎ続けている私の連勝法 (アスカビジネス)




こんな名前の本を読んでみました。
しばらく株の本が続いていたので、少し目先を変えて、外貨のほうを向いてみることにした訳です。
というのも、ここ最近の日経平均上昇に伴い、徐々に割安株が減ってきているからです。それで、Jリートとか外貨なんかを投資候補として検討することにしました。
この本は5万部を突破しており、さらに続編も出ているので、けっこう人気のある本のようですね。

FXというのは、Foreign Exchangeの略で、外国為替証拠金取引と訳されます。
FXに関してはずぶの素人でしたが、入門書として非常に分かり易かったです。けっこう前の記事に書きましたが、銀行の外貨預金のピンハネを不満に思っていた私にとっては、FXを外貨預金代わりに利用できるというのは興味深かったです。(もちろん利子ももらえます)
また、株の信用取引のように、レバレッジを効かせることもできるとのことです。ただ、マージンコールや強制決済といった仕組みがあるおかげで、株の信用取引よりもリスクが低いと著者は書いています。いずれにしても、借金していることは変わらないので、利用には注意が必要と思いますが。。

今回得た知識を元に、外貨の利子やJリートの配当を比較しつつ、今の時期に合わせた投資に少し切り替えていこうかと思います。
posted by るしん at 2005/11/12 17:39 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


マネーロンダリング

投資でお金を手に入れるには、いろいろと勉強も必要になります。なので、楽しみながら投資をするのが一番です。
入門として、まずは小説から入るのも一つの手ですね。

マネーロンダリング (幻冬舎文庫)




こちらの本は、外貨や節税の勉強をするのに適した推理小説です。
もちろん、小説のストーリー自体もレベルが高く、単なる読み物としても面白いです。
posted by るしん at 2005/01/10 06:09 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(1) | 外貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする