アベノミクス

「アベノミクス」という、自民党の安倍さんによる経済政策のおかげで、円安になり、株価も上がり、金価格まで上昇しています。
株価が上がるのは嬉しいのですが、そのせいで、狙っていた銘柄の株価もすっかり上がってしまい、手が出せない状態になってしまいました^^;


今回、この「アベノミクス」について、頭を整理しておきたいと思います。

アベノミクスの政策で、“物価2%上昇目標”といった言葉をよく聞きますが、これはそのまま、モノの値段を2%上昇させることを指しています。ただ物価を上げたいというよりは、インフレに倒すことで、景気が上向いている雰囲気を作るのが目的なんでしょうね。
どうやって物価を上昇させるかについては、賛否両論あるのですが、アベノミクスでは「円の価値を下げることで、相対的にモノの価格を上昇させる」という方法を取ろうとしています。

では、どうやって円の価値を下げるのか。

それは、政府が発行した国債を日銀が買い取ることで、市場に出回っている円の量を増やし、1枚1枚の円の価値を薄めるというやり方です。

例えば、ドル円の為替に着目したときに、以前は 1ドル=80円 くらいだったのが、首相が安部さんに変わってからは円安が進み、今では 1ドル=90円 ほどになっています。
違った見方をすれば、以前は 80円で1ドル買えていたのに、今は 90円払う必要があるということになります。
つまり、それだけ円の価値が下がったといえます。


こう考えると、「円のまま貯金しておく」には不利な状況と言えそうですね。
何もしなくても、放っておくだけで円の価値が下がっていくわけですから。
posted by るしん at 2013/02/02 02:33 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 投資一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/317533269

この記事へのトラックバック