億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術

今回紹介するのは、ちょっと前に読み終えていた本で、バフェット関連書籍の代表作の一つです。
具体的な銘柄(アメリカ株ですが、、)や指標の数値などが記載されており、実践的で非常に分かり易い内容になっていると思います。

億万長者をめざすバフェットの銘柄選択術




以下にポイントをまとめておきます。

・高い収益性と持続的な利益の増加をもたらす「消費者独占型企業」を探すべき。

・消費者独占型企業とは、
『保存がきかず、強いブランド力を持ち、流通業者が取り扱わざるをえないような製品を作っている事業』
『メーカーが消費者にアピールするために、継続して使用しなければならないようなサービスを提供するコミュニケーション事業』
『企業や消費者が日常的に繰り返し必要とする、継続的なサービスを提供する企業』
『宝石・装飾品や家具のような商品の分野で、事実上地域独占的な地位を築いている流通業者』

・素晴らしい事業を営んでいる「消費者独占型企業」も、景気の影響を受けて業績は変動し、時に経営危機に陥ることがある。

・「消費者独占力」の強い企業は悪材料で売り込まれても、そこから立ち直れるだけの強いエンジンを持っている。

・一時的な業績の落ち込みによって株価が大きく下げたところで投資すべき。ただし投資先企業が、必ず一時的苦境から立ち直ることを確信している場合に限る。

・国債の利回りを上回ることができないようなら、投資とはいえない。

・いったん投資を行った後は、日々の株価の動きには頓着しない。
posted by るしん at 2006/10/22 04:20 | 東京 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | バフェット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アメリカで素晴らしい数値とか大きく下げたところで
きゃぴたちが、アメリカで非常と、ポイントとか繰り返し
きゃぴは、アメリカで高い一つなどを提供したかった。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年10月28日 14:20
きょうきゃぴがしんとここへ独占するはずだったの。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年11月06日 15:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック