投資とお金について最後に伝えたかったこと

こんな本を読んでみました。

投資とお金について最後に伝えたかったこと




Amazonの評価、1人しか評価してないですが、低いですねぇ。。
個人的には、シンプルにまとまっていて、良い本だと感じました。
ただ読者対象はアメリカ人を前提としているため、一部、読み替えて理解する必要があります。

脳腫瘍で余命いくばくもない辣腕投資銀行家が、死ぬ前に、個人投資家にどうしても伝えたかった「投資」に関する知恵がまとまっています。
最初、自費出版で出された本だったようですが、各方面での人気を受け、大手出版社から再出版されたという経緯があるようです。

投資に成功するためのポイントは、「以下5点について正しく決定すること」としています。

1.投資判断を自力で下すか?専門家の助けを求めるべきか?
2.資産を、株式・債券・MMF(現金同等)など、何に配分すべきか?
3.どの資産を、どの割合で、投資すべきか?
4.アクティブ投資か?パッシブ投資か?
5.資産をいつ売却すべきか?またいつ買い増しすべきか?

本書では、上記5点について、著者の考えが解説されています。
2〜5については、私自身の考え方に近く、特に違和感なく納得しながら読み進められました。
1については、「ふーん、そんなもんかぁ」という感じです。日本とアメリカの違いもあるのかもしれません。
posted by るしん at 2012/03/05 01:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/255696566

この記事へのトラックバック