ピーターリンチの株で勝つ

落ち着かない相場が続いていますが・・・

久々に、株の本を読みました。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け




全部で347ページという大作ですが、難しい感じの本ではなく、けっこう楽しく読めます。
3部構成となっていて、第1部は「株式投資を始めるにあたっての心構え」、第2部は「テンバガー(10倍株)となる有望株の探し方」、第3部は「長期的な視野での売買」について述べられています。

ピーター・リンチさんは、魅力的な株を、6つの分類で捉えています。6つの分類とは、「低成長株」「優良株」「急成長株」「市況関連株」「業績回復株」「資産株」です。それぞれの分類で、株価の動きが異なっており、売り時も異なります。

また、ピーター・リンチさんが、『完璧な株』と考える株は、以下の条件を満たすとのこと。(ウィットに富んでますね^^)
( 1)面白味のない、または馬鹿げている社名
( 2)変わり映えのしない、退屈な業容
( 3)感心しない業種(廃棄物処理とか)
( 4)企業のある業務部門から、分離独立した会社
( 5)機関投資家が保有せず、アナリストがフォローしない会社
( 6)根も葉もない悪い噂の出ている会社
( 7)気の滅入る会社(葬儀屋とか)
( 8)競争の心配がない、無成長産業であること
( 9)産業であること
(10)買い続けねばならない商品
(11)テクノロジーを使う側であること(提供する側は価格戦争が激しい)
(12)インサイダー(その会社の人間)たちが買う株
(13)自社株買戻し
posted by るしん at 2006/09/15 01:52 | 東京 ☁ | Comment(5) | TrackBack(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
きゃぴが、自社株などを心配したかった。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年09月21日 17:32
きょう、ここに分類するはずだったの。
またここまで分類された!
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年09月28日 15:20
きのう自社の、条件っぽい成長したかもー。
またはきょう、自社は分類するつもりだった。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年10月05日 15:39
きのうきゃぴが、ここに成長した?
または自社とここまで分類するつもりだった。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年10月13日 17:03
きょう自社で、感じも戦争するはずだったの。
Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年10月20日 18:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け
Excerpt: ピーター・リンチのイメージと言うとPEGレシオに代表されるような 成長株、10倍株でしょうか? でも実際に読んでみるとそんな成長株もポートフォリオの中の ほんの一部なのだと言うのがわかる。 例..
Weblog: カウンターゲーム
Tracked: 2006-10-31 20:13

ピーター・リンチの株の教科書〜アメリカ企業史をわかりやすく学べる本
Excerpt: ピーター・リンチ/ジョン・ロスチャイルドの新著「ピーター・リンチの株の教科書」を読んだ。この本は「株の教科書」というよりも「わかりやすいアメリカ企業史」というのが実情だ。株式投資のノウハウを学ぼうとし..
Weblog: ris
Tracked: 2006-11-21 23:10

人生と投資で成功するために 娘に贈る12の
Excerpt: 目次の12の項目(それら一つ一つが,とても重要な人生のキーワード!!)に,直感的に惹かれ,購入後,その期待を裏切らない内容にどんどん引き込まれ,一気に読みました!様々な,世の中にあふれる情報に振り回さ..
Weblog: みかの記録
Tracked: 2007-10-01 03:14