投資対効果

ちなみに、「サラリーマンでも「大家さん」になれる46の秘訣―実践版 利回りがすべてのアパート・マンション経営入門」「夢の配当生活のすすめ―毎月10万円貯まる安心のんびり投資法」の本に、いくらの投資で、どれだけのインカムゲインが手に入るのかが例として紹介されています。
それをメモとして残しておきます。

不動産投資
●毎月の家賃収入3万円  ⇒ 自己資金250万から300万円必要
●毎月の家賃収入10万円 ⇒ 自己資金600万円必要(+借入300万円)
●毎月の家賃収入20万円 ⇒ 自己資金1000万円必要(+借入2000万円)

リート
●毎月の配当収入4万円  ⇒ 自己資金1200万円必要
●毎月の配当収入10万円 ⇒ 自己資金3000万円必要
●毎月の配当収入20万円 ⇒ 自己資金6000万円必要

この比較からすると、技術(良い物件を安く買う技術)次第では、不動産投資のほうが高い利回りを狙えるようです。
逆に、リートは技術に限らず、安定して4%程度の配当収入が得られます。
posted by るしん at 2005/01/25 23:44 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | リート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック