貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億

貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!




こんな本を読んでみました。
「賢明な投資家」を目指したい私としては、ここ最近、この種の本を買うのは珍しいです。
というのも、主な手法がスウィングトレードで、完全に投機の本だからです。
これは、著者自身も本書の中で、「ぼくのやっているのは投資でなく投機」「投機とは、会社に対する人々の期待や不安を買うこと」と言っています。

それなのに読んでみようと思ったのは、単純に「ストーリーが面白そうだったから」です。
貧乏な家庭で育った青年が、2億円を稼ぎ出すまでの日常が、非常に自然に書かれています。

「投機」と割り切って、若さがあって、一旦0になってしまっても良い・・・そんな人なら試す価値ありの手法かもしれません。(私は臆病者なので、遠慮します^^;)
一発逆転はあり得ます。
ただ「投機」で勝てるのはほんの一握りの人でしょうし、また、いつまでも「投機」で勝ち続けることも難しいとは思います。
posted by るしん at 2006/02/28 02:27 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | 株(デイトレ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
賢明や人々とか言っています
しんは、珍しいです日常とかを逆転しなかったよ。


Posted by BlogPetのきゃぴ at 2006年03月05日 11:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック