しぶとい分散投資術

しぶとい分散投資術―世界金融危機でわかった!




前回の本の“口直し”ということもあり、ちょっとまともな本を読みたいなと思って、手に取った本です。

この著者の本を読むのは初めてだったのですが、結果、期待以上に良い本でした。

金融危機の中にあっても、過去のデータの分析に基づいた上で、分散投資に意義があることを解説しています。

アセットアロケーションの基本(資産配分の比率、リスク/リターンの算出方法、リバランス、ドルコスト平均法)も、分かり易く丁寧に説明してくれています。

その他にも、コア・サテライト戦略、モダンポートフォリオ理論、ETFとインデックス投信のメリット/デメリットの比較、1日の株価の流れ、高金利通貨の下落の理由と外貨への投資方法、J-REITへの投資方法、倒産の危機にある企業の見分け方、・・・と非常に幅広い内容が書かれています。

「幅広くした分、内容が浅くなってしまうのでは?」といった懸念を持つ方もいらっしゃると思いますが、私のような素人(とはいっても、投資歴はすでに10年経ちましたね^^;)にとっては、充分にためになる内容でした。

投資の入門者から、ある程度経験を積んだ投資家の方にまで、お勧めできる良い本です。

同じ著者の方の本である「月光!マネー学」という本も、読んでみたくなりました。
posted by るしん at 2009/03/08 23:31 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アセットアロケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115345708

この記事へのトラックバック